現実で経験してみたいこと

2017年07月14日 19:46

今読んでる本に書いてあって、やっぱそうなんだ!!と思ったのは

夢の中だと思っている世界は
本来の自分にもっとも近い状態
(現実の自分よりも)

っていうのがあって、モチのロンで空とか飛んでるらしい。ていうか、飛んでる状態のほうが多いらしい。ワクワクするね(笑)

現実世界で、物心ついた頃からの記憶を継続して持っているように、夢の世界でも継続した記憶を持っていて、同じように目的や挑戦があって頑張っているんだって。

[ 続きを読む ]

自分のソブリンティの中に

2017年07月04日 17:57

答え合わせと言ったら違うかもしれないけど、ハートの声を聞きながら歩くという事は、自分を信頼してないとなかなか危ういもので、やっぱり答え合わせできたら安心するんだよね^^

いつも参考にさせてもらってるメタフィジックス通信さんの『7月のエネルギー』という記事で、こんな記載があって、符合していたのでちょっと安心しました。
この道でいいんだ~って感じw

[ 続きを読む ]

インディゴの前の世代

2017年03月19日 14:13

今日も胡散臭い話でごめんなすー☆彡

 

地球を愛の星に押し上げるべく転生してきたグループを、ワタシは個人的に地球防衛軍と呼んでいますが(笑)、世間的には、その生まれ持ったオーラの色によりインディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・レインボーチルドレンなどと呼ばれ、総括してスターチルドレンと呼ぶようです。

 

 

グループの転生してきた年代も、役割によって年代を追って

インディゴ(常識をぶち壊し後続グループを引率)の後に

クリスタル(インディゴが地ならしした平らな地球を愛で癒すグループ)

その後にレインボー(癒された地球をここぞとばかりにワンネスへ導く)

と波状攻撃的な戦略で降り立っているらしいです。宇宙の本気を見た気がするよね←

 

 

レインボーにあっては、もうすでにチャクラ全開で悟りきって生まれてくるっていうんだから、赤ちゃんに見えても中身が仙人ってくらいのギャップです(笑)。お腹がすいても太陽エネルギーで補充できそうな勢い。オムツを替えようとしたら「すまないねぇ」くらい言ってくれそうな勢い(笑)。

もう「イマドキの若い奴は」なんてブツブツ言う人、「常識的には~」とか振りかざす人などは滅びる運命です。若い人に知恵を貸してもらって進んでいくのが吉です。

 

[ 続きを読む ]

アスペさん泣かないで

2016年11月27日 13:58

アスペルガー症候群という言葉がずいぶん世間に浸透してきたなと、最近は感じるのですが、なにぶん過渡期で、症状の強さもまちまちなので誤認識による誤解や、自責が散見されます (・・;)

 

私自身、アスペルガーなんじゃないかなって悩んだ時期があったのだけど、診断するのにとっても時間がかかるので有耶無耶になり、そのうち「診断結果なんて関係ないよ、問題はどうやって世間を生きていくかだよ?」という結論に行き着きました。

 

次元世界からみたアスペさん像

 

大人のADHDの10のチェックポイント

よくわかる「大人のADHD」

 

 

[ 続きを読む ]

気配りと気遣い

2010年07月14日 10:17

先日めぐり合った「あの世に聞いた、この世の仕組み」というブログ。タイトルからしてワクワクしてしまい、2006年の初エントリーまで遡って読ませていただいています。家事の合間なのでまだ2007年の1月までしか読破できてないのですが、忘れられないエントリーを、私的なメモとしてリンクさせていただきます。このブログさんの守護霊さんがちょっとおもしろい方なのですが、すごくうまい事を仰います。

気は、使うものではなく、配るもの。
使っているうちは、「自分のモノ」。
配ってしまえば、「人のモノ」。
エネルギーは、「独り占め」ではなく、「配るため」に使うこと。
気遣いよりも、気配り。
気配りは、相手に気付かれずに行うこと。
そうすれば、相手にも、おまえにも、「気疲れ」は無い。
.....2007.1.26のエントリー:「ねずみ小僧のすすめ」より

[ 続きを読む ]

空前のエネルギー?

2010年06月30日 13:08

なんだかものすごいエネルギーが来ているようで、ミクシィでも、スピ系ブログでも話題になっていて、無視できないほど遭遇してしまった話題なので、一応私も世界の片隅から発信します。といっても、体感ゼロのワタシ。ちょっぴり寂しい。先日スクーターで転んだことも関係してるのかしら。
小松英星さんのサイト ガイア・アセンション より

 2010年の夏至に到来する空前のエネルギー

私が信頼しているライトワーカーのリチャードから、6月7日から昨日(6月16日)にかけて一連のメールが送られてきました。

これは、彼が一緒に仕事をしているキャロリンと共に受けた「宇宙からのメッセージ」で、いずれも目前に迫った2010年6月21日の夏至に到来する空前のエネルギーに関するものです。


これらのメッセージは、「イエス(キリスト)」と「聖母マリア」そして「(父なる)神」からのもので、全体として相当な量になるので、そのエッセンスを以下で紹介します。

----------------------------------------------------------

【メッセージ】

・最強のエネルギー

銀河の中心から到来する今回のエネルギーは、ほぼ1万3000年前に「アトランティス」を崩壊に導いたエネルギーに次いで大きいものです。

これは、2012年末に向けての全体計画の一環で、それに向けてエネルギーがますます積みあがっていくことになります。

したがって、この夏至は、地球と人類の歴史で大きな「分水嶺」になるでしょう。



・「ダーク」の勢いをそぐ

人類社会への支配力を維持しようとする「ダーク(シャドウ・グループ)」の創意工夫と抵抗力の大きさは、これまでの予想を遥かに超えています。

人々を日々の暮らしで精一杯の状態にしておくのも、ダークの計画通りです。

しかし今や忍耐は限界に達しており、宇宙の全体計画が彼らに影響されないように、強烈なインパクトを与える必要があります。

今回のエネルギーによる光の強さにダークは抵抗できず、間違いなく彼らの勢いを、そぐことになるでしょう。



・2012年末への準備をサポート

宇宙の計画による2012年末の「巨大な転換点」では、さらに強力なエネルギーが到来することになっており、その時点を通過するためには、しかるべき準備を欠かすことはできません。

そのために必要な「カルマの浄化」や「若返り」などを、今回のエネルギーがサポートすることになっています。

これは、このエネルギーの働きのごく一部です。



・光が、濃密な世界を広げて活性化する

アトランティスから現在まで、「ダーク」の影響下で人類がたどった「苦難の旅」の過程で、人類の波動は大きく低落してきました。

それは、粒子が極度に圧縮された濃密で重い世界への低落で、粒子間の隙間が極めて少ないので、エネルギーが移動する余地が非常に少ない状態です。

今回のエネルギーは、いわば粒子の間隔を広げて、光をたくさん取り込めるようにし、「心と脳とのつながり」を本来の姿に取り戻す働きをします。



・心身への効果

脳の変化は、すでに2009年8月から始まっており、すでに肉体的にも微妙な変化が起こっています。

今回のエネルギーによってさらに光が入ることで、人類の精神的能力が、いっそう向上することになるでしょう。

それは、もともと持っているが人類の大半が気づいていない、スキルや能力を思い出すことにつながります。

そして、自分の本質が何であるかに気づき、過去生の記憶を取戻したり、創造主と宇宙全体へのつながりを思い出すことに寄与するでしょう。



・エネルギーの活用を意図する

今回のエネルギーによるポジティブな効果は、誰でも「自動的に」得られるようにはなっていません。

基本的に、この出来事に対して心を開いているかどうかによって、つまり信念と信条に応じて変わってくるでしょう。

魂の体験は常に、決めた目標に向かって働くようにするべきです。

そこで、このエネルギーの活用を意図することをお勧めします。

それには、この情報を心に留めておき、自分の思いと関連して働くようにすることです。その場合、すべてのものにつながる出入り口は心の中にあり、それは脳から始まるので、具体的には次のように意図します。

「私は、脳がこのエネルギーを最大限に生かすことを意図します」

また、次のような意図を持つことも大切です。

「私は、私がこの世界で探求するすべてのことについての主人公です」

ともかく、何の意図も持たずに、この貴重な1日を終わることのないようにしましょう。



・エネルギーの影響と感じ方には個人差

このエネルギーが引き起こす効果は、前に述べたように一瞬のものではないので、このエネルギーの働きを何も感じない人もいるでしょう。

また、ごく少数でしょうが、エネルギーが強すぎて生き残れない人も出てくるでしょう。これは、皆さんを脅かすためではなくて、エネルギーの強さを認識していただくために言っています。この惑星で、人類への「ダークの干渉」を終わらせることを意図した強さを持たせてあるのです。

したがって、意識が混乱したり、体調に異変を来たしたりする人も少なくないでしょう。

このエネルギーの到来は「鍵」となる変化で、他のすべてが、ここから始まるのです。



・「他の人」とのかかわりについて

これまでのところ、スピリチュアルな探求に関心を持たず「日和見(ひよりみ」を決め込む人々は、ダークの影響力が大きいために、ますますネガティブな方向に引き寄せられています。

彼らには、彼らの道を歩ませてあげるべきです。溺れかかっている人に「救命ロープ」を投げてあげることは結構ですが、それを掴むことを強制することはできません。

あなたはただ、あなたの旅を続けながら、その先でさらに現れてくるものも十分に認識して、混乱の中の「ベストの灯台」になることを心掛ければいいのです。

今回やその先のメカニズムは、すべての人に等しく開かれていることを忘れないようにしましょう。

あなたがそこにいれば、彼らは尋ね始めるでしょう。何か手がかりを求めてくる人には与えてあげましょう。

他の人たちも、いずれは何らかの形で目覚めるでしょう。



・「地球変動」は不可避で必要なプロセス

今回の夏至は、現在から2012年末までの間の、最重要な瞬間といえます。

それを、エネルギーがアセンションに向けて積みあがっていく、前兆または土台とみることもできます。

その一方で、この世界での、さらに大きい擾乱のキッカケにもなるでしょう。本格的な「地球変動」が始まる時点として、歴史に刻まれることになるでしょう。

気象や地震、そして火山活動が徐々に強度を増していくでしょう。

ガイアは、高度に進化した存在たちと共に、この変化がバランスよく進むようにしていますが、この変化は必要なものです。

劣化したプレートの再生も必要です。

ガイアは、あなた方の惑星を浄化し癒すための手段を、少ししか持ち合わせていません。

そして気象は、浄化の最大の手段として使われています。あなた方はそのように見ていないかもしれませんが、そうなのです。



・本来の「基礎」が再現する

混乱を極めているこの世界の現状は、「ダークの支配」を維持するのに都合がいいように構築されたものなので、土台から崩れていくのは当然です。

それに替わって、本来の基礎が「再び」強力な形で現れてくるのを目にするようになるでしょう。それは、精神性に基づく土台です。

それが、この変容の本質的な性質で、人々がこの基礎につながり熱心に2012年末への準備を始めるようになると、生活が再び機能するようになるでしょう。

そのコントラストは、確かな証拠として、ますます強烈になっていくでしょう。

このメッセージを読んでいる皆さんは、すでに選択しているか、選択する用意があるでしょうから、そのようにすることをお勧めします。

あなたの創造主を信頼して、2012年末の転換点への準備を始めてください。

そうすれば生活が順調に機能するようになり、「サプライズ」が待っているでしょう。

これから到来するエネルギーは、それを保障するようになっているからです。





こちらのサイトのQ&Aページにも、興味深いおたより(?)が紹介されていて、いろんな体験をされてる方がいらっしゃるようです。私が気に入ったのは(笑)、物忘れや記憶の一部欠落などは、いま起こっているプロセスでの「正常な」出来事なので、決して自分を責めたり、「もう歳だから」などと思ったりしないようにしましょう。という部分。
最近、物忘れがヒドイ自分にショックを受けていたので、ちょっぴりほっとしました(笑)。

[ 続きを読む ]

逆上がり

2010年06月26日 10:57

犬の散歩をしていて、ふとひらめいたこと(笑)。
地球を救うことっていうと大げさだけど、これから迎えるであろう地球の大変革は、逆上がりと同じだな。逆上がりって、足をちょっと支えてもらったり、コツを教えてもらうことはできても、最後は自分でやるしかないんだな。
[ 続きを読む ]


最新記事