守られているということ

2017年11月06日 19:17

予感が現実になってきたような・・・
「小さなミスが重大な過失に変化する」流れが来てます。
なんなのこれ・・・はぅ・・・(ため息)

[ 続きを読む ]

ミス続き~

2017年11月01日 21:21

どうでもいい事にメクジラたてるお客様がいて、大変疲れます。
それに振り回される担当者の怒りが順繰りに送られるにつれて雪だるま式に大きくなり、末端のワタシのところに来たときは、『会社が傾きかねない重大な過失』レベルになっていました。

[ 続きを読む ]

下位次元のひと?

2017年07月26日 14:08

ひとり

不思議な男性がいます

・・・・・ベタすぎて書くのもイヤだけど((´・ω・`;))

懐かしいような目をしていて

遠くからワタシを探しあて

ぐっと射るように

ワタシを見てくるひと

なんなのかな・・・近眼なのかな(汗)


[ 続きを読む ]

親から子へ流れるもの

2017年07月13日 11:33

ワタシの子供たち。
全員就職して自分なりに頑張ってます。私自身結婚が早かったせいで子供が子供を育てるとよく言われ、親の年齢が子育てにおいてデメリットになってたまるかと必死だったものですが、今となってはいい思い出です^^ 

末っ子が就職すると同時にまるで待っていたかのように現れた見えない人は、これから始まる第2の人生は、他でもない自分を見つめて生きていくんだ、という意味を持っているんだと思います。

前置き長い(笑)

[ 続きを読む ]

依存される事からの脱出

2017年06月18日 18:05

リーディングしてもらったときに言われたワタシの今生の使命のひとつ

「自分を愛すること」

これは、自分の感情に蓋をしないで表に出すという行為も含まれていると思うのですが、社会的にはなかなか許されることでもなく(´・ω・`)

家庭の中でも、女としての役割を持ってる以上「サボりたいです!」と言っても許されるものでもなく(´・ω・`)

理想は、そんな甘えすらもお互い受容してカバーしあえるのが家族なんだろうなと思うけどね・・・。3次元の生活の中で、どうやってそこの折り合いをつけるかっていうのが超難題で、それを優雅にクリアしていけるようになれば一級覚者だと思います(笑)

[ 続きを読む ]

報われた

2017年05月30日 23:43

マーサさんの記事


ワタシ参加してなかったから、ワタシのことじゃないんだけど、読んでいたらなんかね、報われたって気持ちがぶわ~っと湧いてきて泣いてしまった。

「ただ救いたい」って反射的に動いてしまうけど、ホントに見返りなんて1ミリも期待してなくて。でもそれが何年も何十年も理解されないとね、心がからっからになるん。渇いて空っぽで、漂うように流されて生きるようになるんよ。

ヒドイ事されても、怒りも湧いてこなくなる。打たれ強い訳じゃなく、ぺちゃんこになりすぎて感情がなくなってくるん。機械のようにみんなの世話をして毎日が過ぎていく。



[ 続きを読む ]

光るパイプ

2017年05月17日 19:20

老夫婦がご相談にいらっしゃいました。
最初に住所氏名を簡単に記入していただくのですが、ご自身のお名前を間違えてしまった奥様。あらま、スミマセンと慌てている横で、仏頂面のご主人が「バカ!なんで自分の名前間違えるんだっ!」と憤慨しつつ、奥様に代わって記入されました。奥様は「いつも怒られちゃうのワタシ。フフフフッ」ととっても嬉しそう(笑)

人前で貶されてるのに、どうしてそんなにウフフなの?と注意を向けると、伝わってきたのはご主人の大きな「愛」でした。お年を召されているのに、震える事無くしっかりと誠実な文字でお名前を記入されているのを眺めている間にも、大きくて強い「愛」がビシバシと伝わってきて、ワタシのハートは釘付けに(笑)。
[ 続きを読む ]


最新記事