脳科学からみた引き寄せの法則

2015年01月25日 15:19

一個前の記事で、最近レゲエを聴いていることを書いたのですが、コメントしてくださった方の中にレゲエ通の方がおりました。
ブログを書くということは、全世界に発信しているということなので、珍しいことではないのかもしれませんが、すごいと思っちゃうのです。

いまや猫も杓子もブログ・ツイッターで、一人で複数のサイトを運営してるとなれば、その数は天文学的な数になるんじゃないかと思うのだけど(大げさかw)、その中のひとつにワタクシのこのひと気のないブログがあって、その中のちっぽけな記事で、レゲエのいい曲教えてという他力本願寺なお願いに、事情通の方が情報を寄せてくださるという。

スゴイよ!
この世の中、偶然なんて無い、すべて必然なんだとはいうけど! ←もりあがるw
[ 続きを読む ]

冬はレゲエで脳からアタタタタめる

2015年01月13日 15:42

 
寒い寒い。全国的、いえ全世界的に大寒波。地球寒冷化な今日この頃。
我が家は風通しのよい木造なので、暖房なんてあってないようなもの(笑)
家の中にいるのに、白い息・・・ダイヤモンドダストが見えるのも時間の問題かと。なんてロマンチックな家なんだ・・・(涙)

そういうときは、あったかな南の島の音楽を聴いて、脳からアタタタタタめましょう^^

 

 

Lukie D & Tony Curtis - Friends   
友達っていいなと、脳だけじゃなく心もあったまる動画です。



この癒されるリズムを聴いてると、ヤシの木陰できもちのよい南風に吹かれてるような気分。
靴を片方なくした友。たぶんイグアナかなんかに持っていかれた(嘘)
自分の靴も片方ポイっとして肩を組む小さな親友。あったかい^^
高級車・携帯・ゴージャスガールがでてこない素朴なPVで、お気に入りです。

レゲエ歴3日なので、まだまだ好きな曲探しは続いているのですが、レゲエのシンガーさんたちは、カバーがお好きなのか、探検していると、知ったメロディのレゲエバージョンがわんさか出てきます。ビギナーには嬉しい発見です。
そんな嬉しいカバーをもう1曲。
上の動画の緑の Tony Curtis さんの、「雨にぬれても」の替え歌です。


Tony Curtis - High Grade  
甘いベビーボイスのワタシ的キラーチューン(笑)。
是非、女子に聴かせたい一品



微妙にタイミングを遅らせて歌ってるのがまたユルイ感じ。なんといってもこの声。卑怯すぎるw
変声期前のティーンエイジャーのような声なのに、外見がおじさんっていうギャップ。日本でこれだったら確実にキモいはずなんだけど、なぜか最強に甘い。歌がうまいと得だな~





スッと曲がりなさいよ

2015年01月11日 14:48

温厚なワタクシ、普段の生活で、声を荒げたり腹を立てたりすることはあまりないのですが、イラっとするのが、左折するとき止まるひと。見通しがよかろうが、人っ子ひとり歩いてなかろうが、ちゃんと止まってから曲がっていく。エライ。エライんだけど。
なんでもっとこう、スッと曲がれないのかなーーーあ

うちのほうは田舎なので交通量はさほど多くなく(朝夕は渋滞する道もあるけど)、大抵スイスイ走れるので、仕事で移動してるときなんかは特に、ついついタイトな気分で走ってるから余計イラっとしちゃう。
温厚で豊満な(違)ワタクシもついつい、去り際に一瞥してしまったりするのです。

鬼のような一瞥をくれて、「あ、ご老人だったんだ。仕方ないか、さて気を取り直してイクゾー!」
なんて、気を取り直しちゃイケマセン。
次は軽トラ(またしてもおじいちゃん風)が先頭をのんびりドライブ中です(笑)。いや乗ってる本人は必死でアクセルを踏んでるのかもしれないけど。

あー。一難去ってまた一難。
絶賛高齢化中のニッポン。次から次へとおじいちゃんおばあちゃんドライバーが道をふさぐ(笑)。かくして、渋滞のない不思議なイライラドライブは続く(笑)。
おじいちゃんマニアのワタクシも、さすがに萎えて、考えた。

これは試練だ。イラっとしたほうが負けだよ。
どこまで平らに笑って暮らせるか、思いやりをもってすごせるか。

我慢するんじゃなく、見方を変えるんだ。
  もし、あのノロノロドライバーが父だったら?母だったら?
  もし、あのヨタヨタ初心者マークが自分の子どもだったら?
  もし、あのずうずうしい割り込み野郎が、親友だったら?

ノロノロでもヨタヨタでもいいから、安全に家に帰ってほしいと思うはず。
ご迷惑をかけた周りのドライバーさん、ごめんなさい、見守ってやってくださいと祈るはず。
今度きつくお説教しますから、ごめんなさい、ありがとうと思うはず。

そんな風に見方を変えると、そんなに急ぐ用事でもないかと、ふっとストレスから開放されます。
知らず知らずに、自分の都合だけを優先してわがままになってしまう自分を反省。
見方を変えるなんて、ちょこざいなテクを使わずとも、もともと人はみんな兄弟のようなものだったこと、忘れてた自分を戒める。




Where the Hell is Matt? 2008



有名なビデオだから見たことある人、多いかな。
政治も言葉も宗教も国境も超えて、からだが自然に動いちゃう。
人は、楽しいことが大好きという共通項で結ばれてる同じ種なんだよね。
この動画は、そういう人の真ん中の大事なところを、さらっとシンプルに見せてくれてると思います。
マシューぐっじょぶだよ!
世界の極東で、見るたびにうるうるきてるアホなユーザーより

飛行機

2015年01月03日 01:16

羽田へ送迎の用事があり、飛行機代好きなワタクシ、勇んででかけてきました^^
分岐しまくる首都高、怖くて大嫌いだけど、ヒコウキヒコウキと呪文のように唱えながら、なんとか到着。

 
元旦の空港駐車場は大変な混雑。朝6時の時点で、もう満車だって。信じられなーい。
みんなお出かけしてるんだなー。

駐車場に停められないということは、到着ロビーに迎えに行けないということで。ホントに途方にくれた・・・(笑)
送迎用プールとかマジで皆無だからね。怖いでしょ~w。

なのでジャンボの発着を見ることが出来ませんでした。残念だ~~。
あの大きな機体が速度を上げてついに飛び立つ瞬間。
遠くの空に見える小さな光がどんどん降下して、なんともスムーズに着陸する瞬間。
すごいうるさいけど、たまらない瞬間です(笑)。次回は絶対みるぞ~

翌日は送りがあって、また羽田へ。
首都高の混雑を見込んで2時間早めに出発するも、事故渋滞に巻き込まれ、乗る予定だった便に間に合いませんでした。
便の変更はできないので、新規購入という形で、次の便を予約すると数万円という値段がついておりました。恐ろしいね、航空運賃って。

事故った方は大変お気の毒だけど、こういう風に予定が狂っちゃう人もいるから、自分の命のためだけでなく、みんなのために安全運転をしなければと改めて思いました。

夜の首都高は、ビル群を縫うようにくぐりぬけていくので、ホントにキレイでみとれて危ないくらい(笑)
うっかり空港の入り口を過ぎてしまったのでw、次の川崎で引き返したのですが、ここがまたファイナルファンタジー的な夜景でしたよ。キレイすぎて現実味が薄れてくる(笑)

 

夜景のツアーもあるらしいですね。こんなに幻想的だから分かる気がするな。




おまけ 
常磐道からみた初日の出。
もっとじっくり見たかったけど、移動しながらでも清々しい気持ちになるからサスガすごいな。




明日は、一族の新年会。まだまだ続く正月休み。ファイトだ!まけるな!あと一息だ!w

 









あけましておめでとうございます

2015年01月01日 00:00


旧年中は大変お世話になりました
今年もあいかわらずのおつきあいを
よろしくお願いいたします


今年はひつじ年
みるからにあったまりそうな風貌にあやかり
私もみなさまにあったかな愛をとどけられる存在に
なりたいと思います

イマイチ行動しない私ですが
ここに宣言します
私も何か人のためになることをするゾ~!!



最新記事