映画ドクター・ストレンジ

2017年02月23日 19:58

レディースデイだったので、トムハンクスの作品を見ようとしたら時間が合わない、残念~~。トム・ハンクスってものすごい数の作品にでているけど、固定されたイメージがないスゴイ人。どれを見ても大体ハズレがなく、楽しめるから大好きな俳優さんです。

 

 

 それならって事で、MARVELの新作。「ドクターストレンジ」。アクションヒーローものが大好きでマーベルものは大体見てるワタクシw 3Dのほうで見てきました~!

 

 

 

天才外科医のストレンジは不慮の事故で黄金の両手を失う。再起をかけて彷徨い、たどり着いたのは怪しげな宗教団体もどき。それでも一縷の望みにすがるストレンジを待っていたのは、魔術師養成所だった。

 

アベンジャーズが地球の表舞台を守っているとすれば、裏舞台(魔術面)での攻防を描いたのがこれです。外科手術では天才でも、魔術に関しては素人のストレンジ。修行中の描写はとっても楽しいです。

 

善と悪の観念、悪に利用される悪役、その悪の観念を超えよう試みるストレンジ、善にみせかけたエゴに落ちてしまうモナドと、なかなか深い芯が通っていました。

マーベルってアメコミ専門だから、もっと浅いのかと見くびっていてゴメンナサイ🙇

大人のワタシですら「なるほろ~~」と思ったストーリーです。マーベルの主ターゲットの子供たちが、深いところまで理解してくれることを祈ります。

 

VFXは町全体をうねるように動かし、スケール感で圧倒してきます。3Dだったので、お口あんぐりレベルの迫力でした。ちょっと切り替えが早すぎて、ワタシの脳内処理が追い付かないのが残念だったw もっとじっくり見てみたかったな。

 

 

驚いたのは、人体のチャクラ図、アストラル体、などなどの単語が飛び交うこと(笑)

目に見えるものしか信じないストレンジが、体験し翻弄される精神世界の描写は胸がすくーw

三蔵法師のようなエイシェント・ワンは、ティルダ・ウィンストン。美しいね^^

 


とても面白かったけど、100点ー!と言えないのは、キャスティングにモノ申したいからw

一応マーベルのヒーロー。イケメンとか若いとか、何かしらのヒーローっぽさを出してほしかったなw ベネディクト・カンバーバッチさんって馬顔のほんとにシンプルなおっさんよw

同じおっさんなのに、アイアンマンのロバート・ダウニー・Jrの可愛さと色気には程遠い感じがしちゃうのはワタシだけかなぁw

「あー今『カッコイイー!』って叫ぶシーンだったかもしれない・・・・」と後から気づくっていうw

 

エンディングロールにちらっと出てきたマイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)が妙にかっこよく見えちゃったw ソーはどこから見ても、いつみてもカッコイイです♥

 

 

マイティ・ソーってこれです(参考動画)

浅野忠信さんは、ソーの仲間役でセリフもいっぱいあってオイシイ役どころ。発音もばっちりでした^^

 

 

<まとめ>

そんなこんなで、魔法に興味がある人と、VFXが見たい人におすすめの作品ですw

 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/333-78131f66
    この記事へのトラックバック


    最新記事