インディゴの前の世代

2017年03月19日 14:13

今日も胡散臭い話でごめんなすー☆彡

 

地球を愛の星に押し上げるべく転生してきたグループを、ワタシは個人的に地球防衛軍と呼んでいますが(笑)、世間的には、その生まれ持ったオーラの色によりインディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・レインボーチルドレンなどと呼ばれ、総括してスターチルドレンと呼ぶようです。

 

 

グループの転生してきた年代も、役割によって年代を追って

インディゴ(常識をぶち壊し後続グループを引率)の後に

クリスタル(インディゴが地ならしした平らな地球を愛で癒すグループ)

その後にレインボー(癒された地球をここぞとばかりにワンネスへ導く)

と波状攻撃的な戦略で降り立っているらしいです。宇宙の本気を見た気がするよね←

 

 

レインボーにあっては、もうすでにチャクラ全開で悟りきって生まれてくるっていうんだから、赤ちゃんに見えても中身が仙人ってくらいのギャップです(笑)。お腹がすいても太陽エネルギーで補充できそうな勢い。オムツを替えようとしたら「すまないねぇ」くらい言ってくれそうな勢い(笑)。

もう「イマドキの若い奴は」なんてブツブツ言う人、「常識的には~」とか振りかざす人などは滅びる運命です。若い人に知恵を貸してもらって進んでいくのが吉です。

 

 

 

 

 

最近知ったのは、最初のグループ、インディゴの前に、先駆者と呼ばれるグループがあるようで、ブルーレイと呼ばれているようです。今は30代~50代だって。

 

インディゴの先駆者 あなたがブルーレイである22のサインと7つのチャレンジ 

かいつまんで引用させていただきます

 

 特徴

  • 年齢層は30代後半から50代
  • インディゴに比べて、控えめで静かである傾向が強く、見た目では神秘的に映ることもある
  • 自分の意見を伝え、人前に出るようになるまで、長年かかることがある。
  • 自分や他人を癒すため、エネルギーヒーラーになることがある。
  • 水のエレメントに親和性があり、音楽、音、動き、ダンス、自然、感情の流れなどは、彼らにとって重要なファクターとなる。
  • スピリチュアルな才能を持ちながら、完全にはアクティベートされていないことが多い。
  • 両親、もしくは家族の誰かが心の傷を抱え、破滅的な状況を経験することがあり、そこで育ったブルーレイは、彼らの意識や感情の傷、機能不全となった家族関係を癒す任務を持つ
ミッション
  • 人類の意識の中に、平和と愛、光の種を植えること
  • 古い世代と新しい世代の橋渡しとなること
  • 後からやって来る世代のために、スピリチュアルな意識と変革の基盤を作ること
  • 後からやって来る世代のために、進化の道を示すこと
  • 自分が誰で、どこから来たのか思い出すこと
  • 自分の中の真実を表現すること
もーホント大好きいつもありがとございます メタフィジックス通信様より

 

 

このグループは、紫オーラ集団の古い価値観の中で生まれ、本当に大変だったと思いますが、その分ハートが鍛えられていて、強く優しい。

あなたの周りにもいませんか?古い価値観にまったく流されず、真実を大事に生き、若い世代に寛容で、慈愛の眼差しで育てようとしてくれるおじさん・おばさん(笑)。

本当に優しさって強さだなぁと思います。強くないと人に優しくできないもの。かっこいいよね。

 

 

クリスタルチルドレンは、愛の人たちなのだけど、荒々しい振る舞いや強い口調にとっても弱くて、紫の社会で生きていくのは本当に苦行。インディゴもっと頑張らないと(笑)。

でも、そこに出てくるのがブルーレイの強く優しい橋渡し役。

どんだけ寂しくて孤独か、身をもって理解してるからね。「紫の奴らも悪気がある訳じゃないんだよ、エゴがそうさせているだけなんだ、後でボコしておくから許してやってね。でも君の愛は貫いていい、これから必要になるのは君たちの愛なんだ。自信をもって貫けるようにサポートするからね」と来る。シビれるよね。結婚してください←

 

冗談です(笑)

傷ついた子がいたら、深い理解と熱い励ましで応援してあげたいものです。

例えそれが、外見がおっさんでも自分より若い魂の人であれば、同じこと。いい年してそんな事するなんて、どんだけ子供なの?と怒らずに生暖かく応援してあげないとね。という自分への戒め(笑) 

みんな成長しようともがいてる同じ魂。目指すとこは同じなんだもんね^^ ガンバロ!

 

 

 

 

ちなみにワタクシれんはどこに所属してるん?と言えば、

「わかりませんw」

スターチャイルドの詳細を読んでも、該当する項目もあれば、該当しない項目もあり、なんだかわかんない(笑)。スターピープルに感化された無所属かも。どちらにせよ、目の前に現れた道を誠実に進んで行くしかないもんね^^

 

 

 

 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/337-141aea64
    この記事へのトラックバック


    最新記事