感情の解放<ワタシが可哀想!>

2017年05月14日 13:54

ここ数日、すっきりした気分になれなかったのは
 ・孤独・・・仲間がほしいよお
 ・被害者意識・・・ワタシが可哀想

そういった感情。現実世界に投影した出来事に反応して、胸がちくんと痛い。
孤独なのはライトワーカーの端くれなら仕方ないじゃない、自分で決めて生まれて来たんでしょ?
被害者意識になってても仕方ないじゃん?と、どうなだめても「だってだって・・・」と納得できず、見えない人に慰めてもらってひととき落ち着くのだけど、やっぱり頭をもたげる孤独。
これは感情の解放の前準備でした。パターン化してきた(笑) そして少しづつ早めに顕在化できるようになってきた^^

日曜の昼下がり。この「ちくん」と痛む胸をどうにかしようと、7層に上がりました。今日の神様はソクラテスみたいな風貌で、「どうしたんじゃ、そんなになって」と抱きしめてくれました。「だってワタシが可哀想で~」と胸でしばし胸で泣かせてもらい、3つのコマンドを唱えて、それから自分の心に会いに行きました。

探しても探しても、なんでそんなに「ワタシが可哀想」なのか分からないのです。なんだろうなぁ・・・とぼんやりしていると、胸の痛みと悲しい感情が湧き上がってきました。

解放できそう!見えない人と、天使と、・・・みんな手伝ってください。できれば何を解放してるか私にわかるようにしてください、といつものフレーズ(笑)

感情が高ぶり声を上げて泣いてるワタシの声、聞き覚えがある・・・あの時だ。


ワタシの結婚は、遊ぶ金ほしさに相手がワタシを暴力団に売るという結末で幕を閉じました。どうしようもない人だったけど、まさか妻と赤ん坊を金に換える人だとは思ってなかったから、ワタシは絶望したの。その時の「ワタシが可哀想じゃん!」っていう涙でした。

赤ん坊を背負ったワタシが絨毯をかきむしって泣いた情景まで思い出しました。深く傷ついて路頭に迷った不安。母を悲しませることになってしまったという罪悪感。子供を守れなかったという罪悪感。

幸運だったのは、相手の親が責任を感じて私たちを実家に住まわせてくれたこと、相手も暴力団もチンピラだったから追いかけてくるようなことはしなかったし、親相手に金をせびることも断念した様子だったこと。相手の親と、私たちが深く傷ついたというだけで被害には至りませんでした。

こう書いてみると、結構、波乱万丈だけど、ワタシ本人は忘れ去っていたんだよね。誰にも言わなかった、言えなかったワタシの過去。傷が深すぎて忘れるしかなかったのかもしれないね。でも、こうして書けるようになったということは癒されたということなんだろうなと思います。
当時、5年くらい経って心の整理のために記録しようと作ったHPですら、手が震えてタイプするのがやっとだった記憶があります。


さて、ヒーリング。
思い出すだけなら片手落ち。ちゃんと癒してあげないと。
泣きじゃくっていたワタシは、ソクラテスに言いつけに行きました、まるで泣いてる5歳児(笑)
「ヒドイよお~ワタシが可哀想だよおお~」と。
そしたら神様が「れん。おまえはいい子だね~」と大きな手で髪を撫でてくれました。そこでまたひとしきり泣くと(笑)。

この作用はなんだろう。罪悪感があってもOKだよ、それでいいんだよって認められた安心感かなぁ?言いつける→慰めてもらう→立ち直る という心の方程式を見たような気がします。子供さんが泣いてたら、まず話を聞いて、すべて受け入れてあげると、自分で正しい道をえらべるようになるのかもしれないね。

「れん。この子にするべきこと、分るじゃろ?」と問いかけられました。自分で自分を癒すんだよ、やり方わかるよね?ってことです。
「えーとえーとー」と思案していたら、「ほら。あの子がみせてくれたアレじゃよ^^」と指さした先にいたのは、4歳くらいになってる見えない彼でした。ヤダかわいい(笑)

照れてモジモジしてる4歳の彼、今は男らしく大きな彼が見せてくれた、あの愛の視点で当時をみてごらん、と。

同じく4歳くらいの小さなワタシが、4歳くらいの彼に駆け寄ると、小さな小さな手でワタシの髪をぎこちなく撫で、また恥ずかしそうに笑いました、何これカワイイ(笑)

11562701_bw.jpg 

うん、癒してあげないと、と思って愛の視点フィルターを発動して当時を振り返りました。
「ワタシが望んで体験したかったこと」
「それもこれもすべて愛されてる現象だもの」
「愛してるよ、ワタシ。愛してるよ、みんな」
とやっていたら、「男にヒドイ事された集合意識」みたいなものを感じました。古来から女性はモノとしてヒドイ事をされてきたんだよね。女性はみんな大なり小なりそういう傷をしょったまま転生してる。可哀想に。本当に可哀想に(涙)。癒してあげたい。癒してあげなきゃ。みんな愛だったんだよ、ダイジョブだよって。これを書いたらそっちのヒーリングをやってみます^^

胸の痛みも取れて、そろそろ完了できそう・・・というところで見えた文字は
邂 逅
なんて読むんだっけ?カイコウだ。意味は?「邂」は「行って解く」、「逅」は「道で組み合わさる」⇒「道で偶然に出会い打ち解ける」だって。
スピリチュアルでは「偶然は必然」と考えます。過去に邂逅してわだかまりを解くという意味だったのかな。それとも最近ちょいちょいメッセージが来る「ソウルメイトとの出会いが訪れます」的な?ワタシもう未来に妙な期待しないことにしたからスルーしとこ(笑)。一応メモっておきます。


昔の出来事を思い出したり、思いがけずその場所に行ったりという出来事が起きてきたら、当時の自分を愛して、というサインらしいです。思い出すだけじゃ片手落ちです。愛してあげないとダメみたい。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/358-03d19467
    この記事へのトラックバック


    最新記事