恐怖の解放

2017年05月20日 09:21

とあるブログを見ていて、無抵抗な状態なのにズタボロにされ見世物にされる恐怖にびくんと反応しました。たぶん、そんな経験をどこかの人生でしてるみたい。今生ではなかった・・・と思います。

仕事に集中して忘れようとしてもこびりついて離れない恐怖。
恐怖の感情は、何かきっかけがないと自覚できないところに眠っています。そんな恐怖を呼び覚ますことができたのはある意味幸運かな。解放のチャンスともいえるから。

帰宅してゆっくりと恐怖に向き合いました。
ズタボロにされて感情すら失っている状態のワタシがうっすらと感じます。

外界で起きてる事がうまく感じられないほど痛めつけられた。人がいっぱい見える・・・みんな私を見て囃してるみたい・・・体中が痛い気がする・・・もう守るものなんてない・・・死ぬんだろうな・・・

どうしてそんなに怖いの?

肉体を切り刻まれ、ワタシが無くなってしまうことが怖いの

肉体を切り刻まれたら、自己はなくなるの?

うん。希望も意思も何もなくなっちゃう。

じゃあ、怖いのは希望や意思がなくなること?

うん。

そっか。とっても怖い想いをしたね。ひとりぽっちでよく頑張ったね。強いよ~偉いよ~ホント。
でも、もう大丈夫だよ。
まず最初に伝えたいのは、肉体がなくなっても自己がなくなることはないってことだよ。あなたの本体はちゃんと残ってる。

じゃあ、どうしてそんな人生を選んだのかって。よく分からないけど、大きく見たら人類の進化のためかな。そのための役割を果たしたということ。異質なものをはじき出す、無抵抗なものをいたぶる、そんな「闇」を受け取る役割かな。光と闇、ふたつでひとつ。どちらも演じて1セット。どちらも受け入れて1セット。だもんね^^

希望や意思がなくなっちゃう訳じゃなく、一時的に感情や思考に蓋をしただけだよ。人のエゴ、闇は集団になるとエスカレートして本当に怖いものだからね。防衛する必要があったんだね。

あなたは今どこにいるのかな。心の目を開いて周りをみわたしたら、何も失われてないことに気が付くはずだよ。魂はありのままで完璧。奪われることも不足することもできないよ^^
恐怖は幻想の中にしか存在できないものだから。さあ、その恐怖を手放そうか^^



ワタシは魂がありのままで完璧であるということを知っています

ワタシは失われるという恐怖を手放します

ワタシはいついかなるときも大いなる存在たちに守られています

何があっても大丈夫であることを知っています


いつもながら自己流コマンド(笑)
しばらく継続して様子をみよう~そんなアバウトさん(笑)

今生のワタシが理解しているはずのものも、他のワタシは恐怖におののいているということもあるんだなぁ。無数にいるはずの「他のワタシ」のトラウマ。今回のは魔女狩りされた人生かなぁ?それもこれも全部癒しきって還る!!



おまえはそればかりだな(笑)

思い出すということは?

愛して、ということ。か!

思い出すだけじゃ?

片手落ち、か~

^-^

合言葉みたいにするのやめてw

うーん。残虐に殺された人生を愛するのはなかなか辛いものがある

目を逸らしたくなっちゃう

おまえも、おまえ以外のヤツもみんな

自分の役割を思う存分表現して、ひたすらに生きてきたな

殺したり殺されたりしながら

魂は進化を目指してひたすらに、夢中で生きてきたんだね

やっぱすべて愛なんだ(感涙)

人類サイコー!人類あいしてるー!

俺たちは大きなひとつだ^^

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/364-7140f14e
    この記事へのトラックバック


    最新記事