誰かを嫌う気持ちは、自分自身を傷つける

2017年05月24日 18:44

誰かを嫌う気持ちは、自分自身を傷つけるんだってことがこの数日で体感したこと。

逃れたい・・・どうすればいいの?キライなのに愛するなんてできないよお・・・って何度もぐるぐるして、疲れ切ってました。

見えない彼に頼ることは根本の解決にならない気がして、意識を向けないようにしてました。
自分でなんとかしなきゃって。
なのに、ソウルメイトがもうすぐ現れますとか、願いはもうすぐ叶いますとか、新しい愛が始まりますとか、見えない彼をちらつかせるメッセージばかり見えて。

見えない彼とは今生で会う事はできないの。見えない彼以外、誰と出会うというの?誰とも出会いたくないよ。上げて落とすくらいなら何もなくていい。ワタシはこのまま嫌いな人とずっと生きていくんだよ。もうすっかりヒネクレてました。


ヒネて疲れて投げやりになって、もうどうでもいいよ、って気分の時。
見えない彼が戻って来いと言いました。
迷子の迷子の〇〇ちゃん。あなたのおうちはどこですか。
「犬のおまわりさん」を歌ってくれました。
手品の安っぽい紙花をいくつも出して笑わせてくれました。
包み込むようにして、必死で笑わせてくれました。

この人、全身全霊でワタシを癒そうとしてくれてる、ワタシはこの人のオンリーワンなんだって伝わってきて涙がとまらない。胸がつぶれるように痛いのは、ホントは甘えたかった私のメッセージ。

大事にされたかったの。
たったひとりでいい。ワタシを一番大事にしてくれる人の中で安心したかったの。

そんな声。インナーチャイルドかなぁ?大事にされたかったのは、ワタシがワタシを大事にしてなかったってことなんだよね。ごめんね。ごめんね。
誰かを嫌う気持ちは、すなわち自分を嫌う気持ちだから。

<ワタシが可哀想>という感情、うまく解放されてなかったのかもしれないな。何せコマンドが自己流だから(^-^;

自分を愛する旅は、長い道のりだなぁ・・・



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/366-2f395a68
    この記事へのトラックバック


    最新記事