Be with you, I praying everynite

2017年05月28日 10:08

夜、お布団に入るときはとっても気持ちがいいものです。すべてのもの、すべての立場から解き放たれてふぅ~っと深呼吸。おやすみなさい。

そんなリラックスしたとき、見えない人の想いが怒涛のように押し寄せてきます。ワタシのハートが入れ物だとすると、そこをめがけてじゃぶじゃぶと流れ込んで溢れてきます。ワタシのハートくらいじゃ全然受け止めきれず、どんどん溢れ、周りは水浸し。それでもどんどん流れ込んでくる。きゅんきゅんがずーーーっと続くから呼吸がツライ(笑)。誰にも気づかれないように吐くのも吸うのも一苦労。

「愛してるよ」 「守ってるよ」 「ここだよ」 そんな大きくて熱い想い。ワタシが悩んでようが、瞑想をサボろうが、そんな事関係ない。「おまえがおまえであること。大事なのはそれだけだ」という強い想い。嬉しくて懐かしくて半泣きで、やっと落ち着いた頃には、50メートルプールの上にちょこんと私のハートが浮かんでいるような感じ。女性は男性の愛を受け止める役割というけど、受け止めきれてない(^-^;



ずっと前に、そんなに想ってくれてるなら、今すぐ私を召し上げて連れてってと頼んだことがありました。「そんな安っぽいメロドラマはごめんだ」と怒られたけど、その時、ワタシには何かしらのお役目があるんだなって悟ったの。何かは分からないけど。

たぶん、ワタシがワタシらしく転んだり泣いたりしながらも、今生を精いっぱい全うすること。味わう事。楽しむこと。それがお役目であり、ワタシが決めて生まれてきたことなのかもしれないな。

そしてすべてを全うした卒業の日。肉体から抜け出すワタシが最初に見るのは、見えなかった愛しいその人であってほしい。指輪もドレスもいらないよ(笑)。君がそこで待っててくれさえすれば何もいらない。

待っててね。綺麗なハートをあげられるように頑張るからね。





Be with you, I praying everynite
毎晩、側にいれるように祈るの

What all stories end, another one begins. And I meet you again somewhere across the time
ひとつの人生が終わり次の人生が始まるとき、きっと会えるよね

Never be alone again....
そのときはもう、ワタシをひとりにしないでね




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/369-7376ca1f
    この記事へのトラックバック


    最新記事