それでも救いたいんだ

2017年06月07日 20:31

お悩み相談的なサイトは、ドロドロしすぎて眩暈がしてくるので決して近寄らないようにしていました。闇が深すぎる、ワタシにはどうしようもない、どこから手を付けていいかわからない、そんな感じでした。

それが。どんな波が来てるのか分からないけど、数日前からそんなサイトに出かけては、ちょこっとコメントしてくるという冒険を始めています。
「緊張しすぎてうまく話せない。どうしたらいいですか?」そんなカワイイ質問を見つけては「完璧にしようと思わないでリラックスしてね」的なコメントを残す、それだけなんですけど(笑)。

恩着せがましくならないように、上から目線にならないように、その人の心に寄り添えるように、くどくならないように、そうやっていろんな角度から自分のコメントを見直して、いよいよ送信!

ドキドキハラハラ。少しでも「楽になってもらいたい」ひたすらそれを思ってます。
他人が他人を救うなんて傲慢かもしれない、それでも。
私が持ってるツールを気に入ってくれるなら使ってみてほしい。きっと君の心が軽くなるはず。

「心に響きました」「ハッとしました」なんて返コメもらえたときは嬉しい^^
絶望のどん底にいると思えても、『角度を変える』というツールを使うと、なんだそうだったんだって解決することもあるって教えたいんだ。傲慢だと分かってる、それでも。

心が痛くてたまらなくなっちゃうのは、他人軸になってぺちゃんこになってる人、自責で感情が消えてしまった人、etc
脊髄反射なみの勢いで書く書く書く。自分を責めないで、自分を取り戻して、きっと楽になるから。たぶんそれはワタシ自身への癒しの言葉でもあるんだよね。他人に向けて書きながら、言い聞かせてる。

不思議なのは、返コメなんかもらえなくてもモリモリやってる私の姿(笑)。喜びすら感じてる。あんなに大嫌いだったのに不思議だなぁ。

常識や前ならえの世界の異変に気付いた人が増えてます。どんどん増えて、自分を解放し自分自身を生きられる手伝いをしたい。そんな燃えるような闘志を感じます。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/376-c596240b
    この記事へのトラックバック


    最新記事