依存される事からの脱出

2017年06月18日 18:05

リーディングしてもらったときに言われたワタシの今生の使命のひとつ

「自分を愛すること」

これは、自分の感情に蓋をしないで表に出すという行為も含まれていると思うのですが、社会的にはなかなか許されることでもなく(´・ω・`)

家庭の中でも、女としての役割を持ってる以上「サボりたいです!」と言っても許されるものでもなく(´・ω・`)

理想は、そんな甘えすらもお互い受容してカバーしあえるのが家族なんだろうなと思うけどね・・・。3次元の生活の中で、どうやってそこの折り合いをつけるかっていうのが超難題で、それを優雅にクリアしていけるようになれば一級覚者だと思います(笑)

分かったのは、ワタシ自身がやりたい・やってあげよう!と思えばどんなに疲れていようとも「やらされてる」ことにはならなくて、ワタシ自身が「やりたくない」と思ってることは、どんなに簡単なことでも「自分を愛してない」ことになるってこと。

じゃあ、どんな時に「やりたくない」って感じるかっていうと、依存されてると感じる時なんだよね。「自分でできるじゃん」 「そこまでワタシがやるの?」って思ったとき。

今までは、仕方なくやってきたんだけど、最近もう自分に嘘が付けなくなってきてて。たぶん、これがワタシの課題「共依存からの脱出」なんだろうなって思います。相手のテーマは「共依存からの自立」かな。って少し前から感じていました。

依存されて不当な扱いをうけたと感じたとき、今までは私がやらなきゃ誰がやるのって泣きながらやってきたけど、昨日はライオンのように噛みついた(笑) ワタシとは思えない噛みつき方で、冷静さを欠いていたと思うけど、どこかで「よく言った、これでいいんだ」と肯定してる自分もいて、それがまた揺るがない自信を伴っていたので、たぶんこれでよかったんだと思います。




結局、ワタシが預かっていた家計を、ワタシ以外の人がやりくりすることになりました。物欲の強い(愛に飢えてる)人だから心配しかないけど、何があっても仕方ないと必要以上に責任を感じないことにしました。人間、どうやったって愛されてるから、なんとかなるよ的な(笑)。

思えば、自分の給料のやりくりを、信頼できない人(ワタシ)に任せてるから無責任に無駄遣いするっていう面もあると思うし、やろうと思うなら任せてみた方がいいのかもしれない。家計の流れを見て把握する、それが共依存から自立することにもなるかもしれないしね。

根本は「信頼関係を築けてない」ってとこにあるんだけど、なぜ信頼できないのか。自分を信頼できないから、人を信頼できないんだよね。それはワタシの問題じゃないから、首を突っ込むようなこともしない。

ワタシはただ自分を生きてるだけでいいんだ。

誰かが転ぶかもしれないけど、それに巻き添えくらうかもしれないけど、それは転んだ時に考えればいい。転ぶ前から手を出す必要なんてない。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/381-934042c1
    この記事へのトラックバック


    最新記事