解放の予感

2017年08月16日 16:32

胸に中くらいの塊がある。
でもまだ何の感情も浮かび上がってこないので、手が出せない感じ
うーん・・・なんなんだろ?強いて言えば、「切なさ」か
どちらかといえば、ネガティブ寄りの「哀しみ」に似たもの
昨日まで調べてた”直前の過去生”に関係してるのかなぁ?
投影されてるような現実もとくに見当たらず、変化らしい変化もなく

あ、そうだ、今日は一日ベートーベンを調べてました「悲愴」と名付けられた美しいメロディが気になって調べたけど、とくにピンとくるモノは出て来ず。そのうち分かるかな

ピアノソナタ第8番第2楽章 Grande Sonate pathétique

聴き比べできる動画です ギレリス0:00 グルダ5:48 ケンプ10:57 バックハウス16:09 グールド20:55 ホロヴィッツ25:43 ルービンシュタイン31:14

この曲を平原綾香さんが歌詞をつけて歌ってるんだけど、悲愴というより希望・勇気な詞で、感動的なアレンジがなされていて好き。クラシックファンの人はお気に召さないようだけど、カバーって原曲が上書きされてしまう事じゃない。むしろ価値の幅を広げるものだと思ってます。
カバーから原曲という逆の流れをたどり、原曲の意匠を知る機会になるならアリじゃないかな。個々の感性と才能を通過した原曲がどんな作品になるかってとっても楽しい。ワタシにとって音楽は楽しむものだから^^
作曲者本人じゃない立場でカバーに激怒するっていうのはどういうトラウマがあるのか、そっちが気になってしまう(笑)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/414-d093c923
    この記事へのトラックバック


    最新記事