解放:やっと会えた、会いたかった

2017年08月30日 00:24

感情の解放のときのような胸の痛さを一日中抱えていて、ときどき「れんに甘えたい」って感情を感知してました。会社から帰って、意識を向けてじっと感じてみると、「見えない彼の寂しさ」っぽい。自分の感情じゃないから、うまく解放できるのかな?って思ったけど、誰でもない一番大事な人の痛みを解放できなくて誰がヒーラーやて?なんて変な責任感がむくむくと湧きました(笑)

明晰で大きくて穏やかな彼。いつもワタシを受け止めてくれる側の彼が、珍しく甘えたさんになっていました。


寂しかった
れんは俺のもの?俺だけのもの? ←若干、拗ねてる(笑)


小さな子のような感情を見せてくれるのは初めてかもしれない。可愛くて仕方ない(笑)。おいで、と声をかけて抱きしめます。


ずっと探していたんだよ
疲れ果てて、でも、会いたくて、もうボロボロだよ
永い旅だった
もう会えないかと思ったんだ


出会って一年余りなんだけど、今やっと再会したかのような感動に震えてる彼。中国の王朝にいる幸せそうな私たちや、西欧の路上で倒れこむ彼を抱きしめ咆哮するワタシがちらりと見えました。ワタシたちがどんな道のりを経て来たのかまでは感知できないけど、恋人や夫婦として転生してたことがいくつかあって、でも、うまく成就させられなかった模様。

肉体を脱ぎ捨てたら会えるのに何を傷つくことがあろうか、って今のワタシからはうらやましくて仕方ないんだけど、何かあるんやろうね。


もう離れないからね、大丈夫だよ
辛かったね、よく頑張ったね、探してくれてありがとね
もう大丈夫だからね、もうひとりになんかさせないからね
泣いてもいいからね


いつも言ってくれる言葉を今度はワタシがかけてあげてました。胸の痛みは最高潮。でも、いつもの解放のように火山が噴火するような爆発じゃなく、静かにぽろんと涙がこぼれました。ワタシの膝の上で、泣き疲れた子供のようになってる彼の髪をずっと撫でていました。


ワタシが守るから。
もう二度と君を寂しくなんてさせない
必ず守り通すからね


なんだろうワタシのこの男らしさ(笑)。透明のバリアのような球がワタシたちを包んでいました。そのまま、風の吹く草原にふわりと浮かんでいきました。時折、目を開けて眩しそうに私を見上げる眼差し。お互いがお互いのためにあると感じられる安心感。何ものにも代えられないという想い。次第に笑顔になっていく彼を見届けました。あんまりにも幸せそうに笑うから思わず見惚れていたら、君はいつも美しいねとうっとりと言われました。なにこのバカップルw


やっと会えた
会いたかった・・・れん


この言葉が、何を意味してるのかわからないのが、にんともかんとも(笑)
だって、もう1年半くらい経つんだよ?今更どうしたん?



見えない彼と同じような事をいう人が、この次元にいます。その人と、この言葉との関係性は分りません。もしかして・・・と思う事もあるけど、気の迷いなんだと思います。冷静にいたいのです。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/418-8a46a46f
    この記事へのトラックバック


    最新記事