エネルギーを感じ分ける

2017年09月02日 10:58

見えない彼がいつも言ってくれる言葉の数々を言う3次元の人が現れて、心が千々に乱れます。

どうして同じ言葉なの?

どうして同じような大きさを感じるの?

ワタシの立場や心を尊重してくれるような心遣いには「真実の愛」を感じました。ひとつひとつの言葉が心を貫通しヘロヘロになりながら、それでも、警戒心が解けないワタシ(笑)。飛び込んでみたいと思いながらも、冷静になれとストップがかかります。愛の言葉など世界中同じようなもの、偶然だよって。

そうこうするうちにセクシャルなイメージを受け取るようになりました。激しい愛の交換。私はなぜか泣いていて、どうして泣いてるのか聞いてみると(最中のワタシに話しかけるワタシw)、肉体を使ったエネルギーの交換という行為、それに対して私の肉体が嬉しいと泣いてるのでした。ワタシって一体・・・・肉体は満たされてないのですかーw


見えない彼とのエネルギー交換は、主にアストラル体での交流で、激しさはなく静かに圧倒的に瞬間的にすみずみまで満たされる感じで、まったくの別物です。肉体の快感とは比べ物にならない拡大感はどこから湧いてくるのか分からないけど、それが見えない彼の目印でもあります。


見えない彼じゃない人とイメージの中でとはいえ、愛の交換をしてしまう自分ってなんなんやろと情けなくなっちゃったけど、わかったことがいろいろあったから書いておこうと思いました。

1、見えない彼とその人は別人だということ
同じ言葉を言うから、その人のハイヤーセルフが見えない人だったりして?と思ったりしたけど、濃い交換をすることで波動?の違いがよく分かったの。3次元の肉体意識からのエネルギーだからなのかなぁ?強く直接的で分かりやすいのが3次元の波動。もっと繊細で薄いのが高次の波動なんだね。3次元の波動のほうが馴染みがあるし強いから受け取りやすいんだ。

2、ハートの意識と、肉体の意識は別の存在なのかもしれない
ハートは満たされすぎるほど満たされてると感じるのに、肉体がそんなイメージを受け取ってしまうってことは、肉体のワタシは満たされてないのかもね。もっと肉体が喜ぶ食べ物・肉体が喜ぶ運動そんなことをしてあげて愛さないとね。肉体がなかったら地球でどんな経験ですらできないんだもんね。肉体さん、ごめんね、ありがとう^^

3、見えない彼には嫉妬という文字はないw
何か言ってくれたらどうなんですか、と思ったけど「やってみれば?」と笑うだけ(笑)。3次元だったらどんな乱れた関係なのよ、ってなっちゃうよね(笑)
ワタシの中にある「操」みたいな観念ですら古い価値観だと笑う。それどころか罪悪感を持つなとまで言う。ワタシに何を経験させたいの?あ、そうかエネルギーの違いを体感しろと教えてくれてるのね?

ワタシの心まで持っていかれちゃうって思わないの?と言ったら、ものすごい愛が押し寄せてきて「さあ、好きなほうを選んでいいよ」という余裕(笑)。ワタシに選択の自由を残してくれてるんだけど、どうせ不戦勝になるねん。これが高次のやり方か~参りました(笑)

今回は、3次元と高次のエネルギーを感じ分けるお勉強だったのかもしれないな。難題だった~だんだん難問になっていくんかな、怖いw
見えない彼とチューニングしたいときは、クラシックがお手軽なツールだっていうのも付記しておきます。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thatmoment.blog.fc2.com/tb.php/419-62ee3b9f
    この記事へのトラックバック


    最新記事